「鴨川市農林業体験交流協会」について

「鴨川市農林業体験交流協会」について

 鴨川市農林業体験交流協会は、鴨川市リフレッシュビレッジ事業の拠点施設である「鴨川市総合交流ターミナルみんなみの里」(平成11年3月開業)を運営する民活団体として、地域住民(鴨川市民)により平成10年11月に設立されました。その後、平成16年4月からは「道の駅鴨川オーシャンパーク物産館売店」の運営も鴨川市より受託しておこなっております。
 事業内容は、都市と濃漁村の交流を活発にして地域興しを行う事で、(1)優良な農産・海産物の紹介販売の為の直売所や(2)地域物産の紹介販売の為の売店の営業に加え、(3)地域で採れた産品を使ったレストランの営業を行い郷土料理の提供も行っています。また、農林業や陶芸などのクラフト等の体験を受入れることで、単なる物産センターや道の駅とは異なった事業を展開しており、周辺地域の景観整備や郷土の文化・史跡・風俗等の紹介に加え、地域紹介の為の散策道の整備や散策ガイドもお手伝いしています。このように地域住民が参加して、自らの力によって地域興しを行うことを目的とした団体です。
 そのため、会員となって生産物や物産品の紹介販売の権利を有すると共に、会員は次の何れかの専門委員会に所属して、義務として協会の活動に寄与してもらう事に成ります。

●企画委員会
 集客や宣伝の為のイベント・行事等の企画運営を担当
●景観形成委員会
 地域景観の形成や転作計画と連携した景観整備
●農産物等供給委員会
 取扱う農産・海産物や地域物産の規格及び認定並びに販売の工夫
●農産物生産委員会
 農産物の生産計画の調整及び土づくり等による減農薬や
 有機農業を目指した生産基盤の改善や普及啓蒙
●地域物産開発委員会
 地域物産等の改善開発の支援や郷土料理レストランの企画等を担当

入会資格

協会の会員資格は、毎月の理事会に於いて資格審査により加入を認められたもので、入会資格は次の要件を満たしたものです。
1.鴨川市在住の個人または市内で事業を営んでいる法人団体であって、地場の生産物や特産品を扱うもの。

2.会員には、正会員と準会員(出荷のみの会員で、現在は募集せず)が有る。

3.加入金3万円、年会費5,000円納入したもの。(設立当初は加入金1万円を納入した準会員を受入れていたが、年間売上が12万円を超えた場合は加入金2万円を追加して正会員に昇格)
4.専門委員会に所属して事業に協力できること。
なお、協会の運営は正会員より非常勤の理事・監事を2年毎の任期で選出して理事会をもって運営方針を決め執行しており、協会の代表者は理事の互選により選任された会長であり、常勤の事務局長以下の従業員に日常運営を委ねている。

販売・出荷の条件

鴨川市農林業体験交流協会の加入会員のみが、「鴨川市総合交流ターミナル・みんなみの里」並びに「道の駅・鴨川オーシャンパーク物産館売店」の双方において、同一な委託販売条件で各々の設置主旨に則った販売品を取扱う事が可能です。よって、次の条件で出荷品を取扱う事となります。

1.取扱う生産品や物産品は、会員自らが生産並びに取扱う地域物産であること。(地産地消が原則であり、輸入原料や他地区の生産品は取扱わない。また、地域のイメージ商品であっても、香料や色素だけを用い、地場原料が全く含まれていないような商品は取扱わない。)
2.販売品の登録受付けは、協会の農産物等供給委員会が最終認定するが、事務局職員が代行して行います。(類似競合商品の選定承認・新規商品の持込み認定等)
3.加工品(食品等)は公的機関の製造許可を受け、表示等が明示されたもの。
4.販売は委託品として取扱い、レジを通過したもののみの清算とします。
5.販売品は品切れを起こさないよう必要量搬入すること。
6.販売品の量目・包装・価格は会員自らが設定し、所定の品名や内容がわかる表示ラベルや値札(バーコードラベル)を貼付すること。(16年4月以降は消費税を含む総額表示です)
7.販売品の陳列場所は、協会があらかじめ指定した場所とします。
8.販売品の管理は、原則として協会が雇用した職員(販売員)が行います。
9.職員(販売員)は、常に販売品の陳列・保管に最善を努めるため、必要ある場合は適切な助言を行いますので、出荷会員はそれに従っていただきます。
10.販売品の劣化や汚損等があった場合は、職員(販売員)の判断により陳列から取り除く事が出来るものとします。
11.販売品が陳列又は保管中に不可抗力により損害を被った場合には、協会はその責を負わないものとします。但し、明らかに故意又は過失と判断された場合には、その限りではない。
12.販売代金の清算は、毎月末に締め、所定の手数料等を差引いて清算します。
13.清算金の決済は、清算日より10日以内に会員の指定した金融機関の口座に振込支払します。但し、その金融機関は原則として鴨川農業協同組合としますが、それ以外の場合には、振込手数料を負担願います。
14.委託販売の手数料は、別紙の手数料でお願いします。