もしあなたがギャンブル麻雀のプレーヤーで、かつ旅行者の場合、日本で麻雀ができる店を見つけるのをとても楽しみにしていることでしょう。

麻雀ができる店に行く場合、麻雀とはギャンブルとしてのものを指します。なぜなら、ギャンブルではない普通の麻雀はどこでも遊べるからです。

こうした店は雀荘と呼ばれ、日本はおそらく一番雀荘が多い国でしょう。

雀荘での遊び方、そしてギャンブル麻雀のプレイヤーとして日本での時間を有意義なものにするための秘訣として、雀荘や麻雀屋がどのようなものかをご説明します。

必要なこと

ペンと紙の上のテーブルで考える女 - 雀荘についての概要

雀荘で遊ぶのを楽しみにしているなら、日本語を少し勉強するか、日本語のわかる知り合いを同伴するべきです。そうすればスタッフと会話をしたり、ルールについて聞いたりできるでしょう。

そして点数計算の方法についても理解しておきましょう。これがギャンブル麻雀を遊ぶための必要条件です。

麻雀の種類

日本には数種類のギャンブル麻雀があります。ひとつは「フリー麻雀」で、50〜1000円の範囲の異なる金額を表すチップを使って行われます。

配置により、ある程度の金額を得たり失ったりします。雀荘が提示する麻雀卓の料金を勝った金額で払うことができれば、この麻雀は「フリー(無料)」になる、というわけです。

もうひとつの種類は「ノーレート麻雀」といい、おそらくギャンブルとしての麻雀からは一番遠いものと言えるでしょう。ギャンブルにはあまり興味がないけれど麻雀は楽しみたい、という人たちに好まれるタイプです。ただ、店によっては時間制料金、または場所代を払わなければならないところもあります。

最後のひとつが「セット麻雀」です。これは雀荘で4人のプレーヤーが卓を有料で借り、その後は好きなだけ無料で遊べるというものです。唯一の欠点として、もしあなたが一人きりで入店した場合は利用できない方法だということが挙げられます。

では、雀荘で遊ぶ際の秘訣をお知らせしましょう。

遊ぶ際のポイント

親になった場合は、親が行う中で最も重要である最初の一手に全神経を集中させましょう。また、もし同じ雀荘を再び訪れたい場合は、その店に気に入られることも大切です。良いマナーを身につけ、他のプレイヤーが何をしているかを気にかけましょう。

他のプレイヤーを観察するのは、大変良い勉強となります。なぜなら、雀荘によってルールが異なる場合があるからです。

トイレや電話などのために席を離れたい場合は、「代走」と呼ばれるスタッフに声をかけましょう。

雀荘で遊ぶためのアドバイスはこれで全てです。お店に気に入ってもらうことは大変重要です。上記のことを知っていれば、まず良くない状況に陥ることはないでしょう。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です