日本のプロ雀士が使う麻雀の戦略 360x240 - 日本のプロ雀士が使う麻雀の戦略

日本のプロ雀士が使う麻雀の戦略

麻雀はかつて、純粋な遊びとして行われていました。しかし、現在ではギャンブルとして行われています。つまり、プレイヤーは麻雀の試合にさらに努力を注ぎ込まなければならなくなったのです。安易で簡単な戦略ではなく、より良い戦略とはどのようなものなのでしょうか?

麻雀の戦略は通常の麻雀の遊び方の範囲を超える傾向にありますが、まさにそういうものなのです。ここで、麻雀の試合で可能な限り勝つための戦略のポイントをお伝えします。

同一の牌2つの役

この戦略は他の役でも使用できる柔軟性の高いものです。通常、15〜25符に相当するツモやタンヤオなどの小さな役の組み合わせでできています。

しかし、この役は必ずしも上記の組み合わせに限りません。実は、チャンタやホンイツ、三色同順などのより大きな役と組み合わせることもできるのです。また役にHonor Tripletを使うこともできますが、試合中の選択肢はずっと少なくなります。チャンタ、All Triplets、ホンイツなどの限られた役しか組み合わせることができません。5符分の4つ目の牌にも使うことができます。

それ以外には、他の役とも組み合わせることができます。ただし組み合わせるのに最も良いのは、小さな役です。

字牌を使う

e1554901990492 - 日本のプロ雀士が使う麻雀の戦略

字牌は10符獲得できるため、小さな役よりも比較的良いものです。All Tripletsやチャンタなどの主要な役の組み合わせで、点数を25%ほど増加できることは覚えておくと良いでしょう。

しかし、三つ組のValue Honor2つだと、さらに良い50%増しの点数を得ることができます。

ただし、字牌は心配の種にもなります。特に試合後半でValue Honorを引いた場合です。もしそうなったら、相手が大きな手で上がろうとしているのかどうか、特に注意を払う必要があります。

なぜなら、もしあなたが客風(オタ風)を捨てて40符を得たとしても、70符払うことになってしまうからです。もしValue Honorを捨てた場合、50符獲得して100符払うことになります。

とにかく、これは点数を下げてしまう要因となります。ただ、対戦者が大きな手を考えていない場合は問題となりません。

プレイヤー同士の交流

卓についているのはあなただけではないことを覚えておきましょう。情報を集め、対戦者が何をしようとしているかを把握するためにも、プレイヤー同士の交流は大切です。

さらに、対戦者を見ていないことには、上記2つの戦略も実行することができません。

どんな試合をしようとも、戦略に時間をかけないことには極めることはできません。特に金銭が絡んでいるため、ギャンブル麻雀に例外はありません。戦略なしには、利益を得られるチャンスはほんの小さなものしか掴むことはできないのです。