ふれあい農園

鴨川市ふれあい農園の概要

●趣旨
近年、農業・農村に対する要望は、余暇時間の増加や生活スタイルの変化によって多様化しており、従来のように単に食糧や生鮮野菜等の生産だけでなく、自然・土とのふれあい、農業の体験、観光、伝統文化といったところまでおよび、こうした傾向はますます強まってきています。
そこで、緑豊かな自然、美しい田園風景、伝統文化等、農村地域にある様々な資源を整備・活用し、都市と農村が共存できる故郷作りのため、地域農業振興のための施設、市民と都市住民の農業体験を踏まえた健全な余暇活動のための施設作りの一つとして「ふれあい農園」を整備・開園するものです。


●仕組み
 
●実施主体:鴨川市
主な業務/利用者の審査・決定、契約関係、利用料の徴収
●管理運営:鴨川市農林業体験交流協会
主な業務/利用申込(契約書)の受付、利用区画の決定、利用・栽培指導等ふれあい農園の位置

 

●農園の位置
鴨川市総合交流ターミナル「みんなみの里」の西側、階段で降りて行けます。

●標準区画例

利用料金について

●契約区画数:1世帯(個人)4区画まで

●利用料金:1区画10,000円 +2区画目から6,000円【4月1日~3月31日】

●利用区画数
1区画:10,000円
2区画:10,000円 +  6,000円 合計16,000円
3区画:10,000円 +12,000円 合計22,000円
4区画:10,000円 +18,000円 合計28,000円

※但し、年度途中で利用開始される場合は四半期毎に減額いたします。
(基準日…7/1・10/1・1/1)

ふれあい農園応募要領

(1)応募資格
農作業への意欲があり、自然と真面目に付き合える方。
※園内において、次の行為は禁止されています。
(ア)営利を目的として作物を栽培すること。
(イ)果樹、花木等の永年性作物を栽培すること。
(ウ)建物及び工作物を設置すること。
(エ)契約した区画を第三者に転貸すること。

(2)利用料
1区画(30平方メートル)当り、年間10,000円です。
※利用区画の状況により追加区画(30平方メートル)、年間6,000円。

(3)その他の経費
備え付け以外の農具・農薬・肥料等は利用者でご用意ください。

(4)募集期間
原則として、毎年2月1日から2月20日
※利用区画の状況により随時申込を受け付けます。

(5)申込み方法
申込書(平成□□年度鴨川市ふれあい農園申込書)を提示ください。
[提出先]〒296-0112 鴨川市宮山1696
鴨川市総合交流ターミナル「みんなみの里」内
鴨川市農林業体験交流協会事務局 TEL04-7099-8055

(6)利用者の決定
申込みが定員を超えた場合は、アンケート審査ののち抽選、決定いたします。

(7)利用の始期及び期間
4月から農作業を開始していただきます。利用期間は1年ですが、希望により契約の更新は可能です。

(8)利用料の支払
原則として、4月1日付けで鴨川市と利用契約を交わし、4月中にお支払いください。

(9)その他
詳しくは鴨川市ふれあい農園貸付規定によります。