地方自治法施行60周年記念総務大臣表彰受賞

平成19年11月20日に、増田寛也総務大臣による地方自治法施行60周年記念式典が、東京国際フォーラムにて執り行われ、天皇陛下皇后様が見守る中「鴨川市農林業体験交流協会」が、総務大臣表彰を受賞致しました。

賞状さて、私どもの協会は「鴨川リフレッシュビレッジ構想」の担い手として平成10年11月に設立し、翌平成11年 3月から「鴨川市総合交流ターミナル(みんなみの里)」の運営を鴨川市からお任せいただき、はや8年を経過しました。その間「道の駅 鴨川オーシャンパーク」の運営も加わり、地域興し事業の取組みも農林業にとどまらず、広範囲な取組みへと拡大して参りました。
お蔭様をもちまして、農産物直売所においては、「地産地消(千産千消)」や「ちばエコ農産物」の取組みを推進し、また、地域物産売店においては、「鴨川市うるさと産品」の開発や紹介販売を実施して参りました。併設の郷土料理レストランにおいても、地元の食材や料理の紹介をはじめ、酪農発祥の地に因んだ地元の牛肉を使用した「鴨川おらが丼(牧場の牛丼)」の開発等を行い、広く歴史や食文化の紹介を進め、加えて、イチゴやみかんの摘み取り体験をはじめとした農業体験、クラフト体験等の体験の受入れを通して、都市農村交流を推進し、年間40万人以上のお客様のご利用をいただくまでになりました。
このたび、このような取組みが評価され「地方自治法施行60周年記念総務大臣表彰」の栄を賜ることとなりました。
これもひとえに、常日頃より暖かく見守りご支援くださった皆様のお蔭と、心より感謝いたしております。今後も、この「総務大臣表彰」受賞に恥じぬよう、一生懸命頑張りたいと思います。


This entry was posted in 受賞報告. Bookmark the permalink.